教育支援事業

学校、社外教育の研修プログラム、OJT等

教育や指導者の育成でお困りのことはありませんか。

皆さんが抱える課題と要望を共有し、指導者育成と充実した教育を提供するお手伝いをいたします。

CASE 01

​カリキュラムサポート

林業技術研修教育機関等で行われる技能教育などの年間カリキュラムの作成と、教育資材(テキスト・プリント・テスト等)の企画制作をいたします。カリキュラムは、テストで得られた結果をもとに都度調整し、学生全体に均質な学習効果が行き渡るように支援をいたします。

CASE 02

指導者の育成支援

林業における指導者は、教育機関が在る都道府県や地域の中から選ばれることが理想です。

それは、指導する対象と身近に接することで、彼らの個性を理解し、それを踏まえた的確な指導が可能となるからです。

指導に必要な知識や技能の提供や、指導対象をよく観察して的確な指導をするコツなど、指導に必要なノウハウを提供し、指導者育成のお手伝いをいたします。

CASE 03

研修会の企画・運営

安全や技能等をテーマとした研修会の企画運営を致します。

研修会の日数は、半日から3日程度の短期研修から、自己練習(自主学習)期間を挟みながら行う長期研修((例)2日×3回/年)など、目的に沿ったご提案をいたします。

たとえば

▶︎チェーンソーの操作技能の向上研修

▶︎伐木作業の認知・判断力向上研修

▶︎機械整備の知識と技能向上研修

▶︎作業環境の安全確保能力向上研修

▶︎安全と作業の効率化を目的とした社内(班内)コミュニケーション向上研修

その他、ご要望に合わせた研修会を企画・運営いたします。

CASE 04

安全や教育などをテーマとした講演

安全大会や研修会等での講演をお引き受けいたします。

CASE 05

知識や技能の向上を目的とした競技会の開催支援

学習は楽しく。

教育の効果を高め、学習への持続的な取り組みを促すためには、“楽しさ”は欠かせない要素です。

また、競技会の開催をきっかけに、知識や技能の評価基準を定め、定量的に評価してみてはいかがでしょうか。知識や技能の習得状況を定量的に評価することで、教育の質の向上が期待できます。

都道府県で、地域で、組織で、楽しみながら学ぶ方法のひとつとして、競技会を開催してはいかがでしょうか。開催に係る、種目や評価基準等の作成をお手伝いいたします。

 

© 2020 RINGIKEN All Rights Reserved.

4CROGO.png