調査研究事業

規事業計画前の実態調査や、教育や装備類導入効果の調査などのご依頼をお受けいたします。

また、自主事業についても積極的に取り組み、サービスの向上に努めてまいります。

CASE 01

教育効果

これまでの技能や安全教育に関する方法や評価の仕組みを整理することで、それらの効果や課題について分析します。また、分析した内容をもとにした改善提案や、事業や教育プログラム等の企画提案をいたします。

​たとえば

▶︎現在行われている教育の効果についての調査

▶︎技能及び安全教育における学習効果の定量的評価方法に関する研究

CASE 02

 安全装備

新たに安全装備を導入した場合の、作業効率や作業性の変化等を調査、分析することで、より良い安全装備の導入方法についてご提案いたします。

たとえば

▶︎チェーンソーブーツ新規着用時の作業時間の変化に関する調査 等

CASE 03

学習動機

「何のために学ぶのか?」学習動機を明らかにすることは、学ぶ側のニーズを知り、学習意欲を高めるクリティカルな工夫を可能にします。様々な分野を対象に、教育効果の向上を目的とした、学習動機に関する調査を行います。

たとえば

▶︎OJTに関する学習動機

▶︎職場外研修に関する学習動機 等

 

© 2020 RINGIKEN All Rights Reserved.

4CROGO.png