​林技研について

Our Vision

特定の誰かに頼らずに

学びたい人が 学びたいときに 学べるように 

“主観から客観へ”をキーワードに

林業の技能と安全にかかわるサービスを提供することで

林業の発展に貢献することを目指します。

林技研顧問(非公式)

のアンです!

\               /

法人概要

一般社団法人林業技能教育研究所

The educational research center of forestry skills

設立

2020年2月5日

所在地

鳥取県鳥取市

​飛田 京子

TOBITA Kyoko

​所長(代表理事)

民間企業で食品・医薬品製造設備の施工、安全管理に従事する他、国の委託事業のプロジェクトマネージャーを務める。その後、東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了、農学博士。林野庁林業労働災害撲滅推進事業検討委員。一貫して安全確保・維持をテーマに研究。林業大学校等研修の企画支援、講師を歴任。林業技能及び安全教育カリキュラム・運用支援専門家。「チェーンソーによる安全な伐木作業のための技能習得に関する研究」等

法人設立以前の実績

■ 都道府県等が主催する労働安全に関するシンポジウム・研修会等での講演

 

■ 林業大学校、緑の雇用制度研修における技能及び安全指導

 

■ 林業大学校におけるチェーンソー作業の教育カリキュラム企画・運営

 

■ 林業専門誌(6誌20回)、業界新聞(2紙4回)等への寄稿

研究業績

01. 【論文】東京大学農学部演習林報告 No.134 , pp.19-28

「伐木競技会の評価基準が技術レベルの向上および労働災害低減にもたらす効果」

02. 【論文】International journal of Forest Engineering. Published online:24 Jan 2019

「Analysis of work-related injuries of felling work using chainsaws in Japan」

03. 【論文森林利用学会誌 No.34(1),pp57-64

「模擬資材を使用した伐倒トレーニングの効果と課題の検討

04. 【博士論文】「チェーンソーによる安全な伐木作業のための技能習得に関する研究」

05. 【報告書】平成29年度林業機械化協会 林業機械化研究助成実績報告書「WLCの評価システムによるチェーンソー技能教育の効果に関する研究

 

© 2020 RINGIKEN All Rights Reserved.

4CROGO.png